--.--.--   スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.07.05   触れて後悔する日
この話題にも触れておこうかなっと。
今週日曜日に、GOM#4が開催された模様です。
とりあえず、参加された皆様、お疲れ様です。
内容的にはいくつかテキスト化された物を見ましたが、運営側の回答は予想通りというか、ここまでしか言えないのだろうな。というものだったように感じられます。
一言で言い表すと、劇的な変化は無い。と言った感じでしょうか。
まぁ、当然といっちゃぁ当然なのですけれども。
細かい点については追求する気は無いのでが、都宮さんが感じられている、ユーザと運営の見解に格差がある。と言うのは(違ったらスイマセン)、通して私も感じているところです。
都宮さんが触れていた点に関して言えば、
>不正に対してもゲームの中で BOT を追跡するよりも、データから追跡することが多くなっている。画面1枚1枚を追いかけるよりデータからの方が効果が高い。
これは一つに同一IP連番などがあると思うのですが、運営としてはこうした方が結果的にはRO全体を通して見た場合のBOTの数は減らせる。と言ったところなんでしょうかね。
BOTに関しては今回のGOM#4で主張している、まずは目に見える形を取っていきたいと言っている様に、同一IP連番などによる数を稼ぎやすい、効率的な方法を取る事によって、RO全体を通してのBOTの割合を減らしていくと言う形なんだとは思います。
とは言っても、我々ユーザとしてはやっぱり今いる世界が大事なのですよねぇ。
確かにサーバ別のログイン数なんかを見れば以前より人数が減っているのは分かりますし、いわゆる中華露天なんかも数は減ったのかなぁ、という印象はあります。
がしかし、これで狩場のBOTが居なくなっているかと言えばそうでもなく、相変わらずオーラBOTや殲滅後即ハエBOTなどの目に付きやすい(目立つ)BOTはヒュンヒュン飛び交っている訳で、これで今日は何件BANしました。と言われてもなんだかなぁ。という状態なんですよね。
この辺が自分が言うところの格差、なのかな。
かと言って逆のパターンやったとしても、今度は増え続けるBOTの数に対して垢BANの数が追いつかないような気もしますし、両方やればいいんだろうけど、それには今のところ人手不足なのは周知ですし。
う~ん・・・

ま、結局のところ何が言いたいのかというと、冷静になって見てみれば評価出来そうなところもあるので、そこは評価してあげたいけれど、決してそれで満足しているわけでは無く、あくまで求めているのは実感できることなのですよ、と。

って書いたはいいけど、これってユーザ毎にも格差があるので実のところ非常に難しいなぁと、今書きながら思っているんですけど、どうなんでしょうかね・・・。
何を持って実感とするのか、何処までやったら実感できたとするのか。
・・・・全然わかんないゃ(;´Д`)
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://07th.blog33.fc2.com/tb.php/101-6a99a8cb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。