--.--.--   スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.07.14   game⇔story
さて、前回冒頭の続きになりますがfreya神殿への献金はその日の内に満了し、Saraも目出度く聖域Dが開放されました。
というわけで、wktkしつつ早速新たな地へ冒険をしに出向くもどうやら神殿内へ入るにはquestが必要とのこと。それならばと話を読み解きながらrachelを歩き回り、item収集の為に久しく動かしていなかったサマル教授を動かし、これまで訪れたことの無かったhugelの街並に目を奪われながらも無事完遂。結局最終的にはquest siteを頼る形になりはしたものの、itemさえクリアしているのならば報酬と手順の短さもあってお勧めです。
quest詳細については省略しますが、面倒くさいと作業にするのではなくこれも世界の一端を知る為のstoryとでも思えば少しはやりがいが出てくるかもしれません。忘れがちだけどROってMMORPGなんですよっと。ちゃんと舞台には設定があって、storyがあって、そこに在ったり無かったりするのには必ず意味があるはずなんです、といったら言い過ぎか。カプラやジョンダが今のところ配置されていないのもこれ故にだと思うのですが、いかんせん不便なのは言うまでも無く。かといって倉庫NPC配置っていうのもなんか変な話だよなあと。今までその手のサービスを一手に引き受けていたのがカプラやジョンダでありそれをやっちまったらカプラやジョンダである意味が薄れてしまう気がするのですがどうでしょうか。userの利便性だけを考えるならそれもありでしょうが、世界も成り立たせるという意味では必要なことだと思ったり思わなかったり。まぁ、story部分なんて切り離されているROではあるけれども、ここは腐ってもMMORPGってことなのではないかと個人的に思ったまでです。

っと、今回は一端ココで切りまーす。
次回は神殿内部についてになります。
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://07th.blog33.fc2.com/tb.php/146-0bb9c7bf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。