--.--.--   スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.07.15   殴りプリ的、フレイア神殿
はい、ではひき続きフレイア神殿についてつらつらと。
とりあえず私の殴りプリで行ってみた感想でも。



・1F
ソロでもペアでもどんとこい。
ほぼ全ての敵が時間湧き。
ベレー帽を狙うならココか4Fになるのかな?
ヴァンベルク交戦中はほぼLA常時と思っていいでしょう。
ホドレムリン以外のAtkは低めなのでそうそう転がることは無いけれど、ヴァンベルクのLA→MPSB→スタンのコンボは危険極まりない、と言ってもこんなコンボは滅多に受けることは無いのですが。
要Fleeが200↓な事もあってFleeが許すならば事故死対策にもレイド推奨。
また基本的に全階層において言える事ですが、風鎧or風対策推奨で1Fにおいてはあったら楽になる程度。
アイシラのLDの頻度も高いのでピアレス推奨。
ビボルダーとグレムリンはノンアクティブ。

2F
1Fとは逆にアイシラ多め。
MOB構成は1Fと似ている為ため基本的な事柄は1F参照。
1FよりもJob効率が良い狩場。
1Fが混んでいる時はこちらへ、こちらは全て即湧き。

3F
今回のメインMAP。ホドレムリンとシーカーで構成されたMAP。ノンアクは知らない
殴りプリには最高Base時給を計測するであろう狩場。
MOB構成の特徴として下半分にホドレムリン、上半分にシーカーが湧きやすいので、下側を中心に回っているとホドレムリンをメインに狩ることが出来る。
Base:Job比率も3:1くらいあり、また危険率も高い。その為、色んな意味で鮎田屋の上位互換。
注意すべき点はシーカーの出会い頭の無詠唱JTとホドレムリンのSB、そして地味にうっとおしいストリップアーマー。特にシーカーは風対策無しだと5k↑持って行かれるので素プリは特に対策を。基本的にはこのJT対策のため風服推奨だがホドレムのストリップAにより脱衣されている可能性があるので、出来れば服以外の手段も用意したいところ。またはリログ。
盾はカリツ必須、特にHP5k前後の素プリ。SBで逝ける。これ以外にも脱衣状態のJT対策にホルンもあると便利かも。いちいちリログしなくて済むのでストレス無く。
肩は出来ればレイドを装備したい。カリツ+レイドでもホドレムリンのSB→スタンは危険過ぎる。
参考までに95素プリでBase1.5-6M/h(鮎田屋1.2M/h、Nif.1M/h)。

4F,5F
ペア↑推奨、ソロはお帰りください。
ヴァンベルク、アイシラの強化版と言った内容のMOBばかり。
エキオはLA→HXorSBで即死、アガブはこれでもかと言うくらいSWを連打してくるので倒しにくく、アイシラと違ってTSの威力が高い。またSSも使ってくる為、木琴+TS対策に風服を着ていると地味に痛いとの話。
5Fはこれに加えてシーカーも混ざる。



こんな感じかな。
まぁ、今更ここで説明する必要もないと思うので流し読み程度で。
では、以下3Fについて。


070714_sanctuary3_equip.jpg

基本装備。
これにシーカー用の土ソドメとホルン盾、そして囲まれた時用の狐フードが持替装備になります。
私のプリだとレイド装備でもホドレムリン95%Fleeを確保出来るので基本はレイドに。シーカーには足りませんがニュマ張れば問題無し。バナナはホドレムリンがやや固めなので中々有効です。マーター靴はSBが痛いのでMHP増強に。

では肝心の狩り方ですが、ほぼ説明した通り下半分を中心にホドレムリンを殴り倒します。Criが痛いものの基本的にタイマンならば問題ないかと思われますが、2,3匹くらいは固まっている事が多いので問題なのは囲まれたときの対処です。Atkも高く、Flee減算された時に放たれるSBは脅威以外の何物でもなく、スタンすれば間違いなく即死でしょう。

070714_sanctuary3-01.jpg

そんな訳で、ホドレムリン3匹から安全第一でSancを展開しています。Sancで4匹くらいまではなんとかなりますが、5匹からは引っ張ったりして数を調整。ただ、Sancを敷いてもSB→スタンまで受けると転がってしまうのは予想外でしたが。



deathpenalty集。
シーカーのJT即死はほぼ無くなりましたが、もうちょっとMHP無いと安定出来ないのかなぁ。
ちなみに私はストリップAされても面倒くさいのでリログで直したりせず、索敵する時だけホルン盾に持ち替えてます。様はJTで即死しなきゃ言い訳で。つーか、あの頻度でいちいちリログなんてしてられませんっ!ってくらいストリップA頻度は高いです。

あーっと書き忘れていましたが、シーカーのJTは索敵範囲~射程範囲の間でしか使わないということを念頭に。(シーカーの攻撃が届く位置まで移動すれば使われない)
また、ホドレムリン(ヴァン、アイシラ、アガヴ、エキオも)のAIはNif.の面々と同じAIなのも重要ポイントです。つまり複数匹と対峙していても2匹同時にスキル攻撃を使用しない。


と、ちょっと分かり辛い説明かもしれませんが、まぁとにかくホドレムリンンマーなので一度お試しあれなのです。ココら辺がワカンネーヨ!とかあれば、どうぞお聞きください。

今日はこんなところで。
そして、明日は殴りアコプリ祭り
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://07th.blog33.fc2.com/tb.php/147-daf7614d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。