--.--.--   スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.12.16   既に出てた・・・
えーっと、昨日の記事の最後に出したimm32.dll騒動の事ですが、その前にガンホー側から正式のコメントが出てたみたいですねorz

・混入経緯
>不正対策の技術検証のため両社において外部より収集していたファイル(プログラム)をグラヴィティ担当者の人為的作業ミスにより誤って混入させてしまった

・未然に防げなかった理由
>グラヴィティおよびガンホー両社における契約内容では、グラヴィティ以外がシステムファイル、ソースコードに対し確認などの作業ができなかった

・防止策
>まず両社における正規クライアントマスターデーターを媒体として別途厳重保管し、取扱者の限定及び刷新作業手順の見直しを行います。
>さらにクライアントプログラムの作成作業に関する業務分担の見直し、並びにクライアントプログラム内におけるファイル構成など詳細な情報開示を行った上で両者にて二重チェックを行う運用体制に変更を行います。

など、一通り報告されていますので、是非一読を勧めときます。
こんなのガンホーじゃないみたいですg

これで「ガンホーの中に不正ツール使用者が居るのでは?」という不安は、一時的に取り除かれましたね。

このimm32.dll騒動も、パッケージ販売の差し替え及び延期、nProtect導入による不正対策、そしてこのコメントによって一段落といったところでしょうか。
今回のガンホーは対応がかなり早かったのでまったく事態を追いきれていませんでしたが、かなり良い対応をしてくれたのではないかと思います。
こんなに一度に変わるとこれは夢じゃないか?と本気で思ってしまうのですが、っていうか今までのガンホーの対応を知っている方は絶対こう思うハズだ!!!(ぁ
「もう、ほんとにどうしちゃったんだよ癌((((;゚Д゚))))」
それだけ今までの対応がずさんだった訳で今回の対応は異常(?)だったんだと改めて痛感。でも、これを機にこの場だけでなく本当に変わって欲しいと思っちゃったりしてるんですが、やっぱり外人さんが見てるような気がしてなりません('A`)
信じたいんだけど信じきれない、そんな心中です。
今後の動向に注目ですかね。
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://07th.blog33.fc2.com/tb.php/16-63a3daff

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。