--.--.--   スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.01.28   Sbrと鉱山D1F
世間は明日から始まる2度目のexp1.5倍期間の話で持ちきりですが、今回の話は前回の1.5倍期間中のこと。

080128_ax_ein_dun01_pitman.gif
axが鉱山D1Fに通っていました。
期間中、教授をメインで動かしていたのはご存知の通りですが、その教授の育成が一段落したところでこのaxの方もせこせこと再始動していました。まぁ、再始動とは言っても実際は4日休んでただけで、再始動とか大げさな事では無いんですけれども。

そんな私のaxですが、前々から言っている通り型は"避けSbr"(たぶん)を目指して育成しています。前回にはその過程の思案ステも書き出しました。それによると、序盤にAGIとDEXは最終まで振り切り、更にある程度STRにも振ってHiシーフ時代~Sbr習得位までを楽に育成出来るようにしました。中盤からはSbrメインで戦っていく為のMSPとSPR、そしてSbrのdmg底上げの為のint。終盤はSbr1確の幅を広げる為のstr。と言った具合になりますでしょうか。将来的にはS100/A50/V20/I84/D40/L1(Sのみ補正込、他素)になり、SbrとそしてEDPも一応使えるタイプ、無理やり名付けるとなると"折衷型避けSbr"とでも言えば良いのでしょうか。そんなaxになる予定です。
ちなみに、防御ステを削り高int高strの可能な限りSbrの威力を高めたタイプを"威力型"と呼称しますが、私の様なステだと威力型より一回り下のint-strですので、折衷型(または避けSbr)とか私は呼んでいます。実際は折衷型とか避けSbrとか、基準がさっぱり分りませんけどっ!!!

と、まあ足早に説明しましtが、「dmg底上げのint」とか言われても、そもそもSbr~特にdmg算出部分についてちんぷんかんぷんな人もいるでしょう。私もaxになると決めて調べるまではかなりあやふやでしたし。そんな事は今更な人は、ココから下は読み飛ばすと良いと思います。
Sbrの仕様についてはAssassinWikiスキル/アサシンクロス#SBrFAQ/SBrの項目を参照して頂くのが一番早いんですけれども、link辿るの面倒臭いとか垢ハック怖いって言う人の為にアバウトに説明すると、SbrはAtk依存のHitや相手Defの影響を受ける物理dmg部分と、int依存(matkでは無い)で必中固定dmgの魔法dmg部分に分かれおり、この2つ(正確にはこれにランダムdmg部分を足した3つ)の物理部分+魔法部分の合計がSbrのdmgとして算出されます。また物理部分には属性や錐の効果も乗りますし、missをする可能性もあります。が、魔法部分にはこれ等が無くDEF無視必中という特性なので物理部分が外れて算出dmgは下がっても、Sbrでの攻撃そのものがmissする事はありません。その為、Sbrが勘違いされやすい部分としては"物理部分も含めた必中スキル"と思われやすい?ですが、実際は必中なのには違いありませんが、必中部分とhitに依存する部分の2つに分かれたスキルです。
とりあえずこれだけ。後の細かいところは追々補足でっ。

話を戻して、前回イグアナでしばらくは頑張る事になりそうと言っていた気がしますが、実際は数回行っただけで挫折しました.... あっちはいけなくは無いけど、abyss入り口MAPの方だとイグアナ見つけづらいしウィレスは邪魔臭いし、そして何よりノーバス2種が思った以上に辛くてしょうがなく、その上のMAPでもそれは変わらないって事で、早々にこちらの鉱山Dに越してきた事になります。

それでこの鉱山D、選んだ理由としては主に2点あります。まず1点目は、もうこれはブレイカーの基本になりますが、1確狩りが可能だった事です。前回に書きなぐった思案ステの一番上はその時点での実際のステなのですが、その時点でのステ、つまりイグアナ1確可能なステの時点でも容易に鉱山Dの主要Mobが1確可能だった点でした。装備についても、この時点で所持していた物はイグアナ用に用意していた+7ラ強火海東とTHA(蟻3マ1)マイン位(あとは錐)でしたから、イグアナ用装備のまま行けることも強みでした。
次いで2点目は、ノンアクティブが多かった点です。鉱山D1Fのメインをはっているピットマンはノンアクティブで、ポルセリオも同様。アクティブなのはノクシャスとベノマス位で、ウンゴリアントとジャンクポットなんていうこのLv帯にしては敷居が高い敵も配置されてはいますが、これ等はMAPに1体ずつだけなので特に問題にはならないでしょう。またココを狩場にしている私以外のプレイヤーも居なかったので、アクティブMobに横湧きされると言った心配もありませんでした。というか、そもそも何でノンアクティブが良いのかというと、これもまた前回の思案ステが参考になりますが、まだまだこのLv帯ではintが確保出来ていないため狩り中にSP回復休憩が必須だったからです。SbrはLv1~5まで一律20、Lv6~10は30と消費SP量も多いので続けて狩るにはかなりのSPを必要とします。この辺もSBr型が高int必須な点でもありますが、そんな理由もあってSP回復休憩を挟みながらゆっくり狩るのにはとてもベストな環境でした。

更に言うならば、上にお邪魔虫的Mobとして書いた...
080128_ax_ein_dun01_junkpot.gif
60台にはちょっとHitが厳しくDefも高いジャンクポットやっ、

080128_ax_ein_dun01_ungoliant.gif
Lvが高くてもagi近接には中々手を出しにくいウンゴリアントもっ!!!
Sbrの逃げ撃ちで、60台だろうが簡単にノーダメージで倒す事が出来ます。どちらも要求Hitが高く、60台にとってはマミー2枚位無いとまともに当たらないのですが、そこはSbr。前述した通り必中部分だけでも何度か撃てれば十分に倒す事が可能です。ちなみにジャンクが3確、ウンゴリは6確でした。
そんな訳もあって、たまに訪れるボーナスタイムではないですが、単調になり易いスキル狩りのアクセントとしてこの2匹は楽しみながら狩る事が出来ました。

そして、こんな感じでとても鉱山D1Fがお気に入りになって、あーだこーだやっているうちに
080128_ax_ein_dun01_baseup.gif
結局65→71くらいまでかな?まぁペコHB着けている時点で70は確定なんですが、その位まで鉱山D1Fにはお世話になりました。

080128_ax_ein_dun01_noxious_card.gif
その中で引いたアタリ。
他には鋼鉄が沢山落ちる(100個くらい)のと、収集品の単価も高いので懐にも優しかったです。後はウンゴリからのかんらん石3つ。

なんだかSbrに関する部分とでentry分けた方がいい様な感じになっちゃいましたが、鉱山D1Fに関してはこんなもんですかねぃ。あ、効率なんかは全く気にならない程楽しかったのでさっぱり測っていません。1.5倍期間中ということも作用していますが、SP回復休憩込みで最低でも1.2M/hは出ていたハズ。後はわからんちん。
現在は鉱山D1Fも卒業しウンゴリアント繋がりであのMAPでレベリングに励んでいますが、そのお話はまた次の機会に。


さて、明日からまた1.5倍期間が始まりますね。個人的には一休みできるかと思っていたので、ええっ?!みたいな感じですけれども、前回頑張ったので今回はいつも通りやろうと思います~とか言えたら良かったんだが、たぶんまた教授を張り切っちゃうと思いますっ。いやねー、今88の70%位なんですけど、頑張れば90も可能かな?なんて思い始めたら、古代アクセとかもありますし、ちょっと楽しみになっていまして・・・。まぁ、そんなこんなで多分また教授やってると思います。でも数字だけには踊らされてやらないんだっ!ぃゃ、実際は十二分に踊らされてますけど... 少なくとも、何か見失う事だけはしない様にしようと思います。
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://07th.blog33.fc2.com/tb.php/196-91a87e8d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。